身近な木を使って

皆さんの身の回りにはどんな樹木が生えていますか?私の地域にはヒノキやサワラなどの針葉樹やクリ、クルミ、ミズナラなど、多種多様な樹木が生えていて、様々な表情の木を使った身近な暮らしの道具を作ることに愉しみを感じています。あなたらしい暮しを彩るお手伝いをさせてください。

折りたためむことのできるテーブルです。自然味を活かした部材取りをしています。折畳み時の造形と原産地ならではの個性的な木を使っているところがおすすめのポイントです。

森の中ではこのような風景と出会います。同じ空気の中で日常に使う道具作りをしています。

森林からのストーリー

大きな工場でなくても作ることのできる木工という仕事に社会的メリットを感じます。遠くまで運ばれる中で厳選され、そぎ落とされていく個性や味わいをそのままにした家具を作れるところが田舎の小工房の良いところだとも思っています。大きな素材木を使える大きさ形にまで加工して皆さまの手元へお届けします。

(写真は幅90センチ長さ2.5メートル厚さ10センチのトチの木を削っているところ 。広葉樹の板は乾燥工程で1センチぐらいの浮陸が出来てしまうので、表面をつるつるにするだけではなく、定規を当てて少しずつ削り、平面を作る必要があります。)