身近な木を使って

クリ、クルミ、ミズナラ、ヒノキ、サワラなど多種多様な表情の国産木材を使い、身近な生活の道具を作り、なかば楽しみながら暮らしています。あなたの暮らしにも木材の彩り、愉しみを取り入れていただくお手伝いをさせていただければ幸いです。

折りたたみ式テーブルです。折畳んだ状態が見た目に面白く、個性的なクリの木目も良い感じに仕上がりました。

近傍の森林にて撮影。きらめく木漏れ日と緑の空気、この森の香りとともに、製作した木製品をお届けしています。

森林からのストーリー

身近な森から産出された丸太材を、近くの製材所に持ち込み、板にして家や家具を作るという、昔ながらのやり方を、今でもこの地域では行うことができます 。 こういった材料は、マイナスにとらえれば洗練されていない、プラスにとらえれば個性的で他に代えがたい、という面白みがあると思っています。例えれば、産直市場で売られている野菜は、形は悪いが味は逸品ですが、そういう木材を使った製品を、作りたいと私は考えています。

大きなメーカーではできないような、小さな必要性にもお応えできるように考えますので、お気軽にご相談ください。


写真は一例、機械の載せられない大きな板を平らにしているところです。
幅90センチ長さ2.5メートル厚さ10センチのトチの一枚板。

広葉樹の板は乾燥工程で1センチぐらいのソリが出来てしまうので、まずは定規を当てて、平面を作っているところ。

アプローチ階段を下りたところに

小さな家具作りの工場があります。

家具工場

これらのレトロな機械設備を駆使し、自然界から切取られた、身近とは言い難く荒々しい、素材を、生活の友へと生まれ変わらせて行きます。

プロジェクト

使い手の個性は人それぞれ、木にも同じく生育環境や乾燥歴などからくる長所短所があり、それらの個性を大切に、一つ一つ提案から製作まで行っています。